青森県民の僕が感じること

青森県民の主張と妄想

母の日

今週のお題「おかあさん」

あ〜、はいはい。わかりますわかります。母の日っすよね。
年に一度の特別なイベントっすよね〜。
世の中み〜んな母親に感謝してんだろうなぁ〜。
オイラなぁ〜んもしてねっす。てか、生まれてこのかた母親にプレゼントとか贈った記憶なんてね〜な〜。やっぱ親不孝なんかな〜。
いまさらプレゼント贈るとか恥ずかしくてできゃしないね〜。
やっぱ花とか形あるもの貰えたら嬉しいんかな?
旅行とか連れてってあげたら嬉しいんかな?
でも、給料は年貢として全て妻に献上してるんでギフトに小遣い使うとなると「ぐぬぬ」ってなる。
それにうちの母親は特性上「別に無理しないでいい」的な感じでやんわり断る。それくらいはわかる。
今は妻と2人で暮らしているけど、都会にいるとかそんなんじゃなくて、実家行こうと思えばいつでも行けるような場所に住んでる。
むしろ、母親が勝手に家に来る。迷惑っす。「やぁ!」じゃねぇんだよw
土日が休みだから急にくる。「換気扇洗いにきたや!」とかって言ってマジで急にくる。とにかくテキトーな理由見つけてやってくる。

あと、LINEも事あるごとに送ってくる。

母「米あるがー?そろそろ無くなるべ。取りに来いへー。」
僕「ある」

母「(妻)ちゃん元気にしてるがー?」
僕「元気」

母「アスパラ取れだ、かねが?(食べない?)」
僕「いい」

こんなかんじだ
まぁだいたい返事は2、3文字。世の中の息子っつーのはこんなもんでしょ。

最近は、妻とマイホームを計画中なんだが、ここでもおせっかいなことに入り込んで来る。
知り合いの不動産屋に土地探しお願いしたり、家に届いたチラシを持ってきたり……まぁ色々。

困ったもんですよ。

てか、そもそも何で「母の日」ってあるんだろうね。

いや、別に感謝してないとかそーいうワケじゃないんすよね。グチグチ言ってるけど。
でも、な〜んか1年に1回は感謝しましょうみたいな義務感?やらされてる感?だりっす。

ちゃんと『有りがたいな』って気持ちはあるわけですよ。こんな僕でも。
今があるのは母親がここまで育ててくれたおかげな訳ですし。引っ越しの時は、どっかから軽トラ借りて来て一緒に冷蔵庫運んだり、たまに妻と実家帰ればケーキだとか色々用意してる。
軽く、ほんとにか〜るく感謝はのべる。
「さんきゅ」とか、「助かる」って。最近、血圧が高めだとか聞くと心配にもなる。

恩は人に言われて気付くようなもんでも無いと思ってるし。常に自分の周りに居る人には感謝の気持ちを忘れないようにしてる。身内ならなおさら。

それでもやっぱこーして「母の日」ってのが有って、感謝をしようみたいに毎年毎年テレビでやったりするってことは、それだけ忘れちゃいけないってことなんだろうね。

あ〜、健康なうちに一度くらいは温泉旅行とか連れてってやりて〜な〜。